映画美学校アクターズ・コース ブログ

映画美学校アクターズ・コースの公式ブログです。「映画・演劇を横断し活躍する俳優養成講座2018」9/3(月)開講!

『S高原から』公演終了後座談会(第3回/全4回)

大好評のうちに幕を閉じた、映画美学校アクターズ・コース 2017年度公演『S高原から』。

その出演者、そしてアクターズ・コース講師による座談会の模様をお送り致します。

(収録:2018/3/9)

f:id:eigabigakkou:20180309161621j:plain

【座談会参加者】

加藤紗希釜口恵太神田朱未小林未歩髙羽快

高橋ルネ田中祐理子田端奏衛豊島晴香本荘澪

(以上 映画・演劇を横断し活躍する俳優養成講座2017受講生)

川井檸檬、木下崇祥(以上 『S高原から』出演者)

井川耕一郎、兵藤公美、山内健司(以上 アクターズ・コース講師)

 

::::::::::::::::::::::::::::::

 

小林 佐々木(田中が演じた役)が凄く難しかったですよね。一言一句が凄く難しい役だなと思ったんですけど。

 

田中 どこらへんがですか?

 

小林 なんか、1個間違えると…

 

高橋 用語の説明だから?

 

高羽 説明的なセリフだから。

 

小林 「あの、なんか」は「なんか、あの」ではダメ、みたいな。

続きを読む

『S高原から』公演終了後座談会(第2回/全4回)

大好評のうちに幕を閉じた、映画美学校アクターズ・コース 2017年度公演『S高原から』。

その出演者、そしてアクターズ・コース講師による座談会の模様をお送り致します。

(収録:2018/3/9)

f:id:eigabigakkou:20180309162020j:plain

【座談会参加者】

加藤紗希釜口恵太神田朱未小林未歩髙羽快

高橋ルネ田中祐理子田端奏衛豊島晴香本荘澪

(以上 映画・演劇を横断し活躍する俳優養成講座2017受講生)

川井檸檬、木下崇祥(以上 『S高原から』出演者)

井川耕一郎、兵藤公美、山内健司(以上 アクターズ・コース講師)

 

::::::::::::::::::::::::::::::

 

小林 いつから稽古前のラジオ体操って始まったんでしたっけ?

 

釜口 結構序盤からやっていたような気がする。

 

豊島 テンションがなかなか上がらない時があって。

 

加藤 ずっとダメ出しで「みんなテンションが低いです」って言われていて、それが何回も続いて「これ、アカンね」って話し合って、無理やりにでも上げるために、「身体が起きていないし、稽古の身体になっていないから」って始めた。

 

豊島 最初は稽古の途中でやったんだよね、確か。

 

加藤 そうそう。

 

小林 紗希ちゃんの提案ですか?

続きを読む

『S高原から』公演終了後座談会(第1回/全4回)

大好評のうちに幕を閉じた、映画美学校アクターズ・コース 2017年度公演『S高原から』。

その出演者、そしてアクターズ・コース講師による座談会の模様をお送り致します。

(収録:2018/3/9)

f:id:eigabigakkou:20180309163125j:plain

【座談会参加者】

加藤紗希釜口恵太神田朱未小林未歩髙羽快

高橋ルネ田中祐理子田端奏衛豊島晴香本荘澪

(以上 映画・演劇を横断し活躍する俳優養成講座2017受講生)

川井檸檬、木下崇祥(以上 『S高原から』出演者)

井川耕一郎、兵藤公美、山内健司(以上 アクターズ・コース講師)

 

::::::::::::::::::::::::::::::

 

高羽 皆さんよろしくお願い致します。(進行台本を読んで)『S高原から』公演終了後座談会です。

 

小林 あ、1回読むんだ(笑)。

 

高羽 1ヶ月間の稽古期間と、本番を通して経験した出来事を、皆さんで振り返りながら楽しくお話ししましょう。

 

木下 え、棒読み!?

 

全員 (笑)

 

高羽 「1・稽古以前」「2・稽古が始まって」「3・小屋入り」「4・本番」の大まかな流れで進行していきます。まずは「1・稽古以前」。まぁ、台本が決まる付近のざわざわした頃を思い出してみて、振り返ってもらえれば。どんな台本になるのか、配役がどうとか、ダブルキャストになるかもしれないみたいな話もあったじゃないですか。

 

兵藤 どうでした?

 

続きを読む

月刊 兵藤公美 with 四方智子 2・3月号(最終回/全3回)

「ラジオのようなブログ記事」──それが『月刊 兵藤公美 with 四方智子』。

俳優・兵藤公美(映画美学校アクターズ・コース講師)が、映画美学校事務局の四方智子と共にお話する企画です。

第2回の2・3月号はトークテーマを設定せず、流れに任せて、イベリコ豚とワインを嗜みながらの楽しい収録となりました。(収録日:2/1)

※いきなり超真面目な話になったり、わけの分からない近況報告になったり、話があっちゃこっちゃ飛びまくりますが、あえてまとめず・なるべくカットせず、むしろそれを押し出しています。「ラジオ感覚」でお付き合い下さい。

f:id:eigabigakkou:20180201182605j:plain

 (家で映画を観る時に途中で一時停止出来るかどうかの話の続き)

──演劇のビデオを観る時は止められます? 場面転換とかで。

 

兵藤公美(以下兵藤) 全然止められるでしょ。

 

──じゃあやっぱり記録メディアだったらOKっていうタイプなんですね。

 

兵藤 うん。でもものによるよね。青年団とかは全然一時停止出来るでしょ。

 

──青年団は出来ると思いますね。

 

兵藤 だからそんなに話を追って観ていないんだろうね、私。

 

四方智子(以下四方) 私、定点カメラで2時間は結構ツラい派なんですよ。だから演劇はなかなか観られないんですよね。なんか、観始めたら観られるんですけど、観るまでのハードルがめちゃくちゃ高いんですよ。

 

兵藤 まぁ演劇は映像で観るものではないよねぇ。

 

四方 でも……実は映画でもそうです。だから映画もドンドン観られなくなっています。

 

兵藤 え!?

続きを読む

月刊 兵藤公美 with 四方智子 2・3月号(第2回/全3回)

「ラジオのようなブログ記事」──それが『月刊 兵藤公美 with 四方智子』。

俳優・兵藤公美(映画美学校アクターズ・コース講師)が、映画美学校事務局の四方智子と共にお話する企画です。

第2回の2・3月号はトークテーマを設定せず、流れに任せて、イベリコ豚とワインを嗜みながらの楽しい収録となりました。(収録日:2/1)

※いきなり超真面目な話になったり、わけの分からない近況報告になったり、話があっちゃこっちゃ飛びまくりますが、あえてまとめず・なるべくカットせず、むしろそれを押し出しています。「ラジオ感覚」でお付き合い下さい。

f:id:eigabigakkou:20180201182605j:plain

兵藤公美(以下兵藤) ぶっちゃけている民放ってないの?

 

四方智子(以下四方) まぁテレ東?

 

兵藤 やっぱりそういう地方局?

 

四方 あと、MXテレビ。これもマツコが言っていたんですけど、MXテレビってやっぱり東京の本当に地方局だから、すっごい飛ばしてやっていたけど、結構注目を集めて、そこからマツコとかミッツ・マングローブとかが出てきたりだとか、っていうことなんですよ。だけど、いまも凄く過激なことを言っているふうに見られるけど、10年前と比べたらもう全然。

 

──変わっちゃいましたね。

 

四方 「かなりマイルドになったよ」みたいなことを言っていて。

 

兵藤 マツコが。

 

四方 うん。「だいぶ気を遣っている」みたいなことを言っていて。だから、やっぱり注目されちゃうとそれはそれで…

 

兵藤 段々言えなくなるんだ。ふんふん。なるほどねぇ。

続きを読む

月刊 兵藤公美 with 四方智子 2・3月号(第1回/全3回)

「ラジオのようなブログ記事」──それが『月刊 兵藤公美 with 四方智子』。

俳優・兵藤公美(映画美学校アクターズ・コース講師)が、映画美学校事務局の四方智子と共にお話する企画です。

第2回の2・3月号はトークテーマを設定せず、流れに任せて、イベリコ豚とワインを嗜みながらの楽しい収録となりました。(収録日:2/1)

f:id:eigabigakkou:20180201182605j:plain

※いきなり超真面目な話になったり、わけの分からない近況報告になったり、話があっちゃこっちゃ飛びまくりますが、あえてまとめず・なるべくカットせず、むしろそれを押し出しています。「ラジオ感覚」でお付き合い下さい。

 

【プロフィール】

兵藤公美:俳優/青年団所属。映画美学校アクターズ・コース講師。

横浜市出身。桐朋学園大学芸術科演劇専攻、専攻科卒。京都造形芸術大学洗足学園音楽大学講師。96年、平田オリザ主宰劇団青年団入団、現在在籍。青年団に出演の他、多数の 劇団に客演参加し、近年は映像作品の他、自身でも公演の企画制作をてがけ意欲的に活動中。映画出演作として『あおげば尊し』『このすばらしきせかい』『東京人間喜劇』『歓待』『SHARING』『ふきげんな過去』などがある。

 

四方智子:映画美学校事務局員。フィクション・コース第2期修了生。

 

::::::::::::::::::::::::::::::

 

四方智子(以下四方) 今年もよろしくお願いしまーす。

 

兵藤公美(以下兵藤) お願いしまーす。

 

(全員ビールを一口のみ)

 

四方 メニューにコースだと生ハム出るって書いてあったから、そしたらワインでしたね。

 

兵藤 あぁ…それもそうだね、うん。どうする? 今日は何について話します?

 

四方 私ね! ジョブ的に話したいことがあってですね!

 

兵藤 はいはい。

 

四方 っていうか、ニュース見ましたか?

 

兵藤 え?

続きを読む

総合プロデューサー暇つぶし雑記(その10・最終回)/井川耕一郎さんより

今回は映画美学校アクターズ・コース「映画・演劇を横断し活躍する俳優養成講座2017」主任講師である井川耕一郎による総合プロデューサー暇つぶし雑記(第10回・最終回)をお送りします!

f:id:eigabigakkou:20180213122510j:plain

フィクション・コースの講師として長年映画美学校に携わって来た井川さん。

その井川さんがアクターズ・コースの主任講師として、新鮮な目で受講生を見守っていた記録──

それではどうぞ!

 

 

 

前回書いた2月15日の稽古の続き。

休憩が終わって地下スタジオに戻ってきた演出の玉田真也さんがアクターズ・コース生に訊いた。みんな、青年団の『S高原から』のDVD、見てる?

モノマネになってしまうのを恐れてなのか、DVDを見ていないひとがほとんどだった。

すると、玉田さんが言った。

DVD見て、すっげえ面白かった。稽古のとき、みんなによく「台詞の間を埋めてくれ」「背景を埋めてくれ」と言うけれど、それがどういうことなのかが具体的に分かると思う。

玉田さんの話を聞いて、アクターズ・コース生たちは自主稽古のときにDVDを見ようということになった。

続きを読む