映画美学校アクターズ・コース ブログ

映画美学校アクターズ・コースの公式ブログです。映画・演劇を横断し活躍する「俳優養成講座 」 2017年9月開講決定!

松井周

2016年度オープンスクール・体験レッスンレポート② 6/29「なじむ」松井周

6月29日(火)、映画と演劇を横断し活躍する俳優養成講座第2回目のオープンスクールが行われました。担当講師は俳優であり、作・演出家でもある松井周さん。今回のテーマは「なじむ」。なじむ、とは一体どういうことなのか?松井さんの講義を少し体験してい…

【講師リレーコラム】好きなことってなんですか?|松井周[演出家・俳優/サンプル主宰]

今回の担当講師は俳優であり、作・演出家であり、劇団「サンプル」の主宰でもある松井周さん! 「好きなことを仕事にする」なんてよく言いますが、そもそも「好き」ってなんだろう?自分でもよくわからないけど、確かに何かを感じるこころ。そんなわけのわか…

2015年度オープンスクール・体験レッスンレポート① 6/21「なじむ」松井周さん

今年度のオープンスクールで行われた担当講師による体験レッスン4つ、レポートをfacebookにアップしました。 レポートはすべて広報アシスタント・中川(1期高等科修了生)が書いております。なかなか表に出ることがない各講師のワークショップの記録。日々…

【講師リレーコラム】山田太一の脚本作品を観たことありますか?|松井周

アクターズ・コース講師陣によるリレーコラム企画、始めてみました。現役作家である講師の方々に、今から始めたいあなたに何を渡しましょうか?というお題をお渡ししてみました。この道に入ったきっかけ、影響を受けた作品、ターニングポイントに必ず見ちゃ…

【山内健司×松井周対談】物語の中か、外か

今期のアクターズ・コース修了公演は、今までにないことがすでに起きている。演出の松井周が自らの劇団「サンプル」の公演を終えるまで、受講生たちが台本を自分で読み解き、考え、自分で動いて、ある程度まで芝居を作りこんでいるのだ。そこに松井が参戦し…

「なぜ俳優は演技するのか?」

なぜ俳優は演技するのか?ということをいつも何となく考えてきた。 もう少し具体的に言うと、 「なぜ日常生活でも何らかの役割を演じているにもかかわらず 俳優はフィクションという枠組みの中ででも演技するのか?」 ということだ。 一体、どのような欲望が…

「コトバ・プレイ」で試したいこと 松井周

『革命日記』演出の松井周さんより、今回のイベント「コトバ・プレイ 〜批評と演劇の関係は何を生み出すか?」についてのメッセージが寄せられております。ご期待ください。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 僕…