映画美学校アクターズ・コース ブログ

映画美学校アクターズ・コースの公式ブログです。映画・演劇を横断し活躍する「俳優養成講座 」 2017年9月開講決定!

【応援コメント!】脚本家・映画監督の保坂大輔さんより!

こんにちは!ムビシク応援隊のSです!
今回は脚本家・映画監督で映画美学校フィクション・コース講師の保坂大輔さんより応援コメントを頂きましたので掲載致します!

f:id:eigabigakkou:20170226204733j:plain

 映画美学校アクターズ・コース「映画・演劇を横断し活躍する俳優養成講座」受講生が出演、映画美学校フィクション・コース受講生がスタッフ、そして現役の映画監督である講師4名がそれぞれ監督し、短編映画を創り上げた「ミニコラボ」。

今回は保坂さんの作品に出演した3名について「それぞれの印象と今後に期待すること」を寄稿頂きました!ありがとうございます!


=======================================

アクターズ応援コメント 保坂大輔

 

仁田直人

f:id:eigabigakkou:20170226204822j:plain

仁田君にはアイドルの役を演じて貰いました。「純粋」で「一生懸命」なアイドルを必死に演じてくれたと思っています。そんなに長い時間を共有していないけど、仁田君本人もまさに「純粋」で「一生懸命」な人だという印象を僕は持っています。まだ滑舌が悪かったり、芝居がテイク毎にバラバラだったりするけど、そのひたむきさを持って、自分の信じた道を進んで行って欲しいです。いつか「黒い仁田」も見せて下さい(笑)。

 

外崎桃子

f:id:eigabigakkou:20170226204939j:plain

 

外崎さんにはアイドルのストーカー役を演じて貰いました。アイドルの自宅マンションのゴミ捨て場に忍び込み、使用済みのパンツを手に入れるというシーンがあります。「嗅いで下さい」という僕の指示に対し、外崎さんは思いっきり嗅いだ後に咳き込んでむせるという芝居を足してくれました。良い芝居でした。単なるストーカーではなく、あの瞬間に彼女の「生」が一気に立ち上がったのだと思います。これからもアイデアを持って、色々な役に立ち向かってほしいと思います。

 

塗塀一海

f:id:eigabigakkou:20170226205019j:plain

塗塀君にはアイドルの生き別れのお兄さんの役を演じて貰いました。難しい役だったと思います。ほぼ全編、寡黙にアイドルの弟を見守り、唯一のセリフが「頑張れよ!」の一言でした。セリフがない故に、間の取り方、立ち振る舞い、一つ一つの動作に神経を尖らせ演じてくれましたよね。その甲斐あり、お兄さんはどの役以上に葛藤を感じ、想いが伝わる人物になったと思います。塗塀君の力です。


保坂大輔 Hosaka Daisuke
1977年生まれ。立教大学映画研究会で8ミリ映画を作り始め、その後映画美学校フィクション・コース第5期に入学。監督・脚本した修了作品『世界は彼女のためにある』が2005年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で審査員特別賞を受賞。その後の監督作に『くりいむレモン いけないマコちゃん』(07)、TVドラマ『ケータイ刑事シリーズ』、『東京少女シリーズ』など多数。近年は脚本家として活動。清水崇監督『戦慄迷宮』 (09)、『ラビットホラー』(11)は 世界50カ国で配給公開され、ヴェネチア国際映画祭出品を始め、国内外で大いに話題を巻き起こした。その他の脚本作品に江川達也監督『King Game』(10)、英勉監督『貞子3D 2』(13)など。監督最新作は、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016やニッポンコネクション2016にて上映された、第17期高等科コラボレーション作品『お母さん、ありがとう』(15)。


+++++++++++++++++++++

2017年3月2日[木] - 3月5日[日]
アクターズ・コース2016年度公演
『Movie Sick ムービーシック』

作・演出:佐々木透(リクウズルーム)
リクウズルーム代表。ク・ナウカシアターカンパニーで演出家・宮城聰のもと俳優として活動。退団後、執筆活動に取り組む。「日本の劇」戯曲賞2013最優秀賞受賞、第5回泉鏡花記念金沢戯曲大賞受賞。 文学への深い知識、鋭い感性と美意識を持ち、”戯曲構造”と”物語の可能性”を探る事をテーマに創作活動を行う。

出演:浅田麻衣、太田英介、大西美香、金岡秀樹、
   鈴木睦海、鈴木幸重、外崎桃子、仁田直人、
   塗塀一海、四柳智惟、米川幸リオン
  〔アクターズ・コース映画・演劇を横断し活躍する俳優養成講座〕
======================

公演日程
2017年3月
2日(木)19:30〜★
3日(金)19:30〜★
4日(土)14:00〜/19:00〜
5日(日)14:00〜/18:00〜
★=終演後アフタートーク開催〔30分程度を予定〕

※未就学児童の入場はご遠慮ください。 
※受付開始・当日券販売は開演の40分前、開場は開演の20分前 
※演出の都合上、開演後はご入場をお待ちいただく場合がございます。

会場:アトリエ春風舎
〒173−0036 東京都板橋区向原2−22−17 すぺいすしょう向原B1


チケット料金(日時指定・全席自由、予約・当日とも)
一般:2,300円
学生:1,800円※公演当日、受付にて要学生証提示

予約受付はこちらから!
→ 映画美学校アクターズ・コース2016年度公演『Movie Sick』 予約フォーム

広告を非表示にする