映画美学校アクターズ・コース ブログ

映画美学校アクターズ・コースの公式ブログです。アクターズ・コース2018年度公演「革命日記」2019/3/6(水)〜3/11(月)上演!

【応援コメント!】映画監督の万田邦敏さんより!

今回は、映画監督で、映画美学校フィクション・コース講師の万田邦敏さんより応援コメントを頂きましたので掲載いたします!

 

「映画・演劇を横断し活躍する俳優養成講座2018」受講生が出演、映画美学校フィクション・コース受講生がスタッフ、そして現役の映画監督であるフィクション・コース5名がそれぞれ監督し、短編映画を創り上げた「ミニコラボ実習」。

 

今回は万田さんの作品に出演した3名について、「それぞれの印象」と「今後に期待すること」をご寄稿頂きました!ありがとうございます!

 

=======================================

  

五十嵐勇くん、柴山晃廣くん、鈴木良子さんとは、たった15分の短編映画に出演してもらっただけのお付き合いなので、彼らについてはその範囲でのことしかわかりません。なので、あまり多くをコメントできません。悪しからず。

 

f:id:eigabigakkou:20190211204309p:plain

 

五十嵐くんは一生懸命に役を探り、とても丁寧に、真面目に、演じてくれました。一生懸命、丁寧、真面目は、ひととして最も大切なことですが、それが徒となって演技が小さくなることもあるかもしれません。役によっては、手抜き、雑、不真面目な印象(あくまでも印象ですよ)が必要かもしれません。

 

f:id:eigabigakkou:20190211204522p:plain

 

芝山くんは演じる自分が格好いいことをわかっているひとだと思いました(あくまでも演技をしている自分であって、普段の自分が、ではありませんよ)。これは役者さんにとって大事なことだと思います。でも、その自信が徒になるときがあるかもしれません。ときには、自信なげに、おどおどと、びくついた印象が必要かもしれません。

 

f:id:eigabigakkou:20190213132523p:plain

 

鈴木さんは演技の経験が浅いひとだと聞きました。映画は一つの芝居を細切れに演じなければならないし、シーンとシーンの間にも時間経過があります。それを一貫した感情で、あるいは物語の流れに沿った感情の変化で繋がなければならないのですが、映画に不慣れな鈴木さんにとっては難しかったかもしれません。しかし、鈴木さんにぴったりの役柄があるはずで、それを見つける、あるいはそれと出会うことがきっとあると思います。  

 

=======================================

 

万田邦敏・まんだくにとし

 

1956年生まれ。黒沢清の『神田川淫乱戦争』に美術として、また『ドレミファ娘の血は騒ぐ』では共同脚本、助監督として参加。その後、関西テレビ・ドラマダスで『極楽ゾンビ』(90)『胎児教育』(91)を演出。96年、押井守総合監修による実写SF『宇宙貨物船レムナント6』で監督デビュー。2001年『UNLOVED』がカンヌ映画祭エキュメニック新人賞、レール・ドール賞をダブル受賞。04年に『The Tunnel』(脚本=井川耕一郎)がカンヌ映画祭監督週間に招待された。他の監督作に『ありがとう』(06)、『接吻』(07)、『面影』(10)、『シンクロナイザー』(16)。自主製作作品としてナンセンスコメディ『夫婦刑事』シリーズなど。映画美学校では、コラボレーション作品として、『夜の足跡』(00/シネマ GOラウンドの一本)、『う・み・め』(04)、『×4』(08)、『イヌミチ』(13)、『波濤』(17)を監督している。

 

 

+++++++++++++++++++++
映画美学校アクターズ・コース 2018年度公演
『革命日記』
作:平田オリザ 演出:山内健司

〈出演〉
青柳美希、五十嵐勇、奥田智美、斉藤暉、佐藤考太郎、柴山晃廣、鈴木良子、福吉大雅、日向子、松岡真吾、るり(以上、アクターズ・コース 映画・演劇を横断し活躍する俳優養成講座2018)
浅田麻衣、釜口恵太、那須愛美、四柳智惟(以上、俳優養成講座修了生)

〈スタッフ〉
舞台美術アドバイザー:鈴木健介(青年団) 照明:井坂浩(青年団
宣伝美術:北野亜弓(calamar)
演出助手:菊池佳南(青年団/うさぎストライプ)、釜口恵太、四柳智惟
修了公演監修:兵藤公美 制作:浅田麻衣、那須愛美 協力:青年団

======================

2019年3月6日(水)〜11日(月)

6日(水) 19:30
7日(木) 19:30
8日(金) 14:00/19:30
9日(土) 14:00/19:00
10日(日) 14:00
11日(月) 14:00

※今公演は、2019年2月15日(金)〜3月11日(月)こまばアゴラ劇場にて開催されます青年団公演「平田オリザ・演劇展 vol.6」の演目ではございません。ご注意下さい。
※受付開始は開演の30分前、開場は開演の20分前です。
※記録撮影用カメラが入る回がございます。あらかじめご了承ください。

〈チケット〉
予約・当日共
一般:2,500円
U-26(26歳以下):1,000円
資料請求割引:2,000円(詳しくは映画美学校ホームページをご確認ください)
※26歳以下の方は、当日受付にて年齢が確認できる証明書をご提示ください。
※未就学児はご入場いただけません。
※資料請求割引:チケット購入時に映画美学校の資料を請求してくれた方に500円の割引を行います!(申し込み時に資料の送付先となる連絡先の記入が必須となります)

 <チケット取り扱い>
CoRichチケット! https://stage.corich.jp/stage/96711

<資料請求割引>
映画美学校の資料を請求いただきました方は当日2500円のところ、2000円で鑑賞いただけます!
下記よりお申込みください。お申込み後、映画美学校より随時学校案内などの資料をお送りいたします。

映画美学校アクターズ・コース2018年度公演 資料請求割引

〈会場〉
アトリエ春風舎
東京メトロ有楽町線副都心線西武有楽町線小竹向原」駅下車
4番出口より徒歩4分
東京都板橋区向原2-22-17 すぺいすしょう向原B1
tel:03-3957-5099(公演期間のみ)
※会場には駐車場・駐輪場がございませんので、お越しの際は公共交通機関をご利用ください。

〈お問い合わせ〉
映画美学校
〒150-0044 東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS B1F
電話番号:03-5459-1850 FAX番号:03-3464-5507
受付時間(月ー土) 12:00-20:00