映画美学校アクターズ・コース ブログ

映画美学校アクターズ・コースの公式ブログです。アクターズ・コース2018年度公演「革命日記」2019/3/6(水)〜3/11(月)上演!

『革命日記』修了生座談会(前編)

今回は、『革命日記』に出演する修了生の浅田麻衣さん、四柳智惟さん、釜口恵太さん、那須愛美の4人で、アクターズ・コースのあれこれについておしゃべりする修了生企画、『革命日記』修了生座談会を開催しましたので掲載いたします!(2019年2月27日収録)

 

=========================

 

―――それぞれの修了公演について。

 

那須 では、まず6期のおふたりは…

 

四柳 6期は特殊と言えば特殊だったんじゃないですか。それまでも外部から演出の方を呼んで、当て書きで全員描いてもらって、ってスタイルで。

 

浅田 映像もあったしね。

 

四柳 そう、それをプロジェクターで映して、モニターでも映して、

 

浅田 フィクション・コースも巻き込んで、フィクションの人に映像撮ってもらって、

 

四柳 そう、作・演出の佐々木透さんが、フィクション・コースも巻き込みたいって言ってたんですよね。

 

浅田 フィクションの人、公演にもたくさん来てくれてたね。

 

四柳 ああ、そうそう。

 

浅田 芝居自体は…

 

四柳 芝居自体もなんか、結構メタな感じで。

 

浅田 感想に、わけわからんって、結構言われてましたね。

 

四柳 僕もやっててわけわかんない、感じでしたね。だいたい映画美学校が、活きのいい演出家を呼ぼうっていう、感じだったんですよね。僕らの時は、リクウズルームで。役名も無かったんでしたっけ。

 

浅田 患者1、患者2、とか。役名無かったね。

 

那須 確かに、映画美学校映画祭で記録映像見させてもらった時、ストーリー追うのが難しかった。

 

四柳 構造自体も、メタ、メタ、メタで。構造が複雑だった。まあ、楽しかったですけどね。

 

浅田 おっきな声出してね、

 

四柳 そうそうそう。だって、授業でやったこと全く活かさないですからね、

 

一同 (笑)

 

f:id:eigabigakkou:20190227111117j:plainカニのパスタを食べる四柳さん。

 

四柳 青年団の方の授業めっちゃ受けたけど、でも授業と全く違う芝居の作り方だったから。まあ楽しかったですね。

 

浅田 あれが初舞台の人には酷だったんじゃないかな、と。3人いた、かな。結構早い段階から自主稽古とかしてたよね。

 

四柳 うん。逆にでも、6期は舞台経験者が結構いたから…

 

浅田 ちゃんと経験者がシーンごとに配置されてたから、その人たちが回して、って。上手いことしてたんじゃないかな、佐々木さんも。

 

四柳 テクニカル求められる部分は、そういう人(経験者)に。

 

f:id:eigabigakkou:20190227164847j:plain

映画美学校アクターズ・コース映画・演劇を横断し活躍する俳優養成講座2016修了公演『Movie Sick』 
前列中央:四柳、前列右:浅田です。

 

 

那須 当て書きじゃないですか。どうやって作っていったんですか。

 

四柳 一番最初に面談があったんですよね。集団で、一人一人、話を聞いて。

 

浅田 アクターズ・プロフィールを見ながら、どんなの好きなの?、とか。私、廃墟が好きって話をしたら、それが設定に盛り込まれて。よっつん(四柳さん)はなんだっけ?

 

四柳 僕は…なんか、面談の時に、ブチギレる蜷川幸雄をやってって言われて、

 

一同 (笑)

 

浅田 あった、なんかあったね!

 

四柳 だから、ずーっと怒ってる役でしたね。

 

一同 (笑)

 

四柳 喉ガラッガラに枯らして、やってましたね。本番終わるまで。

 

那須 7期は…

 

釜口 …あんまり覚えてないんだよなぁ。

 

那須 んー、キャスティングが最高に良かったなって思う。

 

釜口 あぁ、うん、そうだね。

 

浅田 それはオーディションか何か?

 

釜口 一回、演出の玉田真也さんのワークショップがあって、あとは講義を何回か見に来て、それで決めてって。

 

那須 うん。

 

釜・那 ………

 

浅田 ……え、終わり!?

 

那須 いや、んー。あ、でも玉田さんやっぱり演出がすごい上手いなぁ、と。

 

釜口 ああ、うん、玉田さんね。

 

四柳 なんでしたっけ、『S高原から』でしたっけ。

 

釜口 そうです。『S高原』。

 

浅田 7期は経験者多かったの?

 

那須 多かった、かな。

 

浅田 すごい芝居が安定している感じがある、7期は。

 

那須 そうですね、なんか、稽古少なかったなって、今年と比べて思う。

 

釜口 あぁ、確かにね。

 

四柳 週何回くらいだったんですか。

 

釜口 でも週5くらいやってたんじゃない?

 

那須 でも、出ないシーンをやる時は来なくていいよって感じだったから、各々作業したり、急にオフになる人がいたり。

 

釜口 でも、自主稽古を結構してた気がする。

 

那須 今年はね、終わったらバイトが入ってる人が多くて、あんまり、ね。

 

浅田 だから山内さんのやり方(※)、画期的だったよね。

   (※稽古するシーンを決め、自主稽古20分→山内さん稽古1時間→休憩10分を繰り返す)

 

四柳 稽古場で自主稽古できるなんてことないですよねぇ。優しい。

   …7期はなんか、すったもんだエピソードないんですか。

 

 

   

那須 ……あぁ、稽古中に玉田さんのお誕生日会した。

 

釜口 ああ、やったね。

 

那須 今年の目標はって質問に、健康に生きたいって、親知らずが痛いって話をしてた記憶がある。

 

四柳 7期はなんか、公演後にお仕事に繋がったりしたんですか。

 

釜口 神田朱未さんは、玉田企画の『バカンス』に出ましたよね。あとPeach(※)にもでましたし。

   (※四柳さん所属のコントユニット)

 

四柳 それはもう決まってたから。

 

釜口 そっか。

 

四柳 6期は米川幸リオンがチェルフィッチュに。稽古中に決まったんですけど、そしたら佐々木さんが「ちょっとチェルっぽいことしよう」って。リオンだけ、1ページ半くらい、ずーっとモノローグさせられてた。

 

浅田 でもあのシーンすごい良かった。

 

四柳 うん、面白かった。(場が)持つしね、リオンは。

 

浅田 華があるし。上手いんだよね、彼は、やっぱり。

 

四柳 佐々木さんは、無理させるっちゃさせるけど、本当に無理なことはさせない。一番面白い状態にみんなを持って行こうっていう。

 

浅田 それぞれに見せ場作ってくれたし。

  

四柳 2回目の平田オリザ戯曲ですが、どうですか。ゴリゴリの青年団の人(山内さん)と、青年団若手の人(玉田さん)と。違いとか。

 

f:id:eigabigakkou:20180227183646j:plain

映画美学校アクターズ・コース映画・演劇を横断し活躍する俳優養成講座2017修了公演『S高原から』

 

 

那須 なんか、そういうのよりも、玉田さんのは演出家、山内さんのは俳優、的目線からの演出だったなと思う。玉田さんは、外から見てどう見えるかで指示されたけど、山内さんは、やってみてどう感じるのかすごく聞かれる。

 

釜口 うん、内部をゴリゴリにいじってくるのが山内さんで、外部をいじってくるのが玉田さんって感じだね。でもその玉田さんのいじり方がめちゃくちゃ面白いんですよ。例えば、田中祐理子さんっていう、顔立ちが綺麗でボーイッシュな方がいたんですけど、なんかちょっとヤンキーみたいにも見えるんですよね。そしたら玉田さんが、「療養所にお見舞いに来てるのに、タバコ吸おうとする仕草してもらっていいですか」っていきなり言い出して。そしたら爆発的に面白くなった。けど、やっぱりちょっと違うなってなって、ナシになったんですけど。そういう肉付けがやっぱり玉田さんは面白い。

 

那須 玉田さんは、どうしたらその人が面白く見えるかっていうか、人物の細かい設定を考えるのがすごく上手いと思う。

 

釜口 センスだよね。

 

那須 うん。

 

四柳 結構評判も良かったしね。だって追加公演決まったらそれも即完売だったし。レビューもすごい良かったし。

 

釜口 うん。玉田さんはすごいですね。ちょうど玉田さんの人気が上がってきてた時だったし。すごい良いタイミングだったね。

 

………

 

四柳 じゃあ、まあ、こんなくらいですかね、修了公演については。

 

3人 そうですね。

 

 

 

 

 ーーーーー後編へ続く。(3月3日18時更新予定。)

 

(構成・那須愛美)

 

 

★特設サイトOPENしました★

kakumeinikki.amebaownd.com

 

 

+++++++++++++++++++++
映画美学校アクターズ・コース 2018年度公演
『革命日記』
作:平田オリザ 演出:山内健司

〈出演〉
青柳美希、五十嵐勇、奥田智美、斉藤暉、佐藤考太郎、柴山晃廣、鈴木良子、福吉大雅、日向子、松岡真吾、るり(以上、アクターズ・コース 映画・演劇を横断し活躍する俳優養成講座2018)
浅田麻衣、釜口恵太、那須愛美、四柳智惟(以上、俳優養成講座修了生)

〈スタッフ〉
舞台美術アドバイザー:鈴木健介(青年団) 照明:井坂浩(青年団
宣伝美術:北野亜弓(calamar)
演出助手:菊池佳南(青年団/うさぎストライプ)、釜口恵太、四柳智惟
修了公演監修:兵藤公美 制作:浅田麻衣、那須愛美 協力:青年団

======================

2019年3月6日(水)〜11日(月)

6日(水) 19:30
7日(木) 19:30
8日(金) 14:00/19:30*
9日(土) 14:00/19:00*
10日(日) 14:00
11日(月) 14:00

*終演後アフタートーク有*
3月8日(金)19:30 松井周(劇作家・演出家・俳優)
3月9日(土)19:00 深田晃司(映画監督/アクターズ・コース主任講師)

◯ご注意◯
※今公演は、2019年2月15日(金)〜3月11日(月)こまばアゴラ劇場にて開催されます青年団公演「平田オリザ・演劇展 vol.6」の演目ではございません。ご注意下さい。
※受付開始は開演の30分前、開場は開演の20分前です。
※記録撮影用カメラが入る回がございます。あらかじめご了承ください。

〈チケット〉
予約・当日共
一般:2,500円
U-26(26歳以下):1,000円
資料請求割引:2,000円(詳しくは映画美学校ホームページをご確認ください)
※26歳以下の方は、当日受付にて年齢が確認できる証明書をご提示ください。
※未就学児はご入場いただけません。
※資料請求割引:チケット購入時に映画美学校の資料を請求してくれた方に500円の割引を行います!(申し込み時に資料の送付先となる連絡先の記入が必須となります)

 <チケット取り扱い>
CoRichチケット! https://stage.corich.jp/stage/96711

<資料請求割引>
映画美学校の資料を請求いただきました方は当日2500円のところ、2000円で鑑賞いただけます!
下記よりお申込みください。お申込み後、映画美学校より随時学校案内などの資料をお送りいたします。

映画美学校アクターズ・コース2018年度公演 資料請求割引

〈会場〉
アトリエ春風舎
東京メトロ有楽町線副都心線西武有楽町線小竹向原」駅下車
4番出口より徒歩4分
東京都板橋区向原2-22-17 すぺいすしょう向原B1
tel:03-3957-5099(公演期間のみ)
※会場には駐車場・駐輪場がございませんので、お越しの際は公共交通機関をご利用ください。

〈お問い合わせ〉
映画美学校
〒150-0044 東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS B1F
電話番号:03-5459-1850 FAX番号:03-3464-5507
受付時間(月ー土) 12:00-20:00