映画美学校アクターズ・コース ブログ

映画美学校アクターズ・コースの公式ブログです。アクターズ・コース2018年度公演「革命日記」2019/3/6(水)〜3/11(月)上演!

修了公演『革命日記』終演後座談会(第1回 / 全5回)

大盛況のうちに幕を閉じた映画美学校アクターズ・コース 2018年度公演『革命日記』。
その出演者、そしてアクターズ・コース講師による座談会が2グループに分かれて開催されました。今回は第1弾。


[座談会参加者]
青柳美希、奥田智美、佐藤考太郎、柴山晃廣、鈴木良子(以上 映画・演劇を横断し活躍する俳優養成講座2018受講生)
釜口恵太(以上 映画・演劇を横断し活躍する俳優養成講座修了生)
兵藤公美、山内健司(以上 アクターズ・コース講師)
(収録日2019/03/17)

 

=================================

 

f:id:eigabigakkou:20190327154508j:plain

 

柴山 (進行台本を読みながら)皆さんお忙しい中お集まりいただき誠にありがとうございます。ただいまより革命日記座談会を始めます。本日司会を務めます、柴山と、

青柳 青柳です。


山内 この人数でW司会!?(笑)

 

全員 (笑)

柴山 はい(笑)増田夫婦(『革命日記』の役)で司会をやります。

兵藤 お、いいねー

柴山 よろしくお願いします。さて本日の流れですが、「1.稽古前」「2.稽古中」「3.春風舎入り、本番中」「4.本番終了後」と区切って、約1か月間を思い出しながらゆるっと楽しくお話しましょう〜

全員 (拍手)

柴山 ではまず稽古前についてですね。皆さんに稽古前の色々なことを聞いていきたいんですけど、

青柳 心境とか?

柴山 そう、心境とか色々ね。...まず山内さんにそのキャスティングの経緯、感想をお願いしたいんですけど、キャスティングっていうのは基本山内さんが決めてて兵藤さんに相談とかしたんですか?

兵藤 いや、一切ないね。

全員 (笑)

山内 ちょっとだけ相談したね。...9 月?10月くらいかな?

鈴木 意外と早いんですね。

青柳 ね、割と(映画美学校の講義が)はじまってすぐなんだね。

兵藤 そうだね!なんか私の授業が最初だったからこういう感じの子だよ〜とか。

山内 そうそう、僕の授業の前だったから。その時にちょろっと相談したね。あとは決定する直前にこれでいこうと思うからって。

兵藤 そうですね。

山内 プロデューサーだから。

兵藤 はい。キャスティングの前日にキャスティングがきましたよ、私のところに。

全員 (笑)

 

山内 あれ、怒られてる(笑)?前日じゃおせーよって。

 

全員 (笑)

奥田 それは変更はあったんですか?前日に知らされたけどこのキャスティングはちょっとみたいな。

兵藤 ・・・


奥田 ...そういうの言いづらい感じですか?(笑)

山内 ないない(笑)

 

釜口実は...とか。

 

兵藤 (笑)全くなかったね。いいと思いますって送ったよ。

受講生 へぇー。

柴山 (進行台本をみて)「稽古前のオーディション」って何?
 

釜口 読み合わせのこと?

奥田 キャスト発表前山内さんの前で読み合わせやったじゃないですか。

兵藤 あれ、みんな意味なかったですよねっていってましたよ。

山内 それすごい意味があったよ!!!

受講生 えぇー

山内 すごいあったよ!

柴山 それってシーン区切ってグループごとにやったやつですよね?

山内 そうそうそう、あれですよ。

鈴木 そうなんですね。

奥田 めっちゃ気になる。

兵藤 ね、じゃあ、それについて聞いていこうよ。

山内 なにしゃべればいい?

 

全員 (笑)

 

釜口 なんか前にオーディションされる側の立場だったから役者としてはよくわかんないって言ってたんですけど、演出としてみたらやってる意味がわかるみたいなことを言っていて、それはどういうことなんですか?

山内 準備なしにオーディションされるのは嫌だったし、何の意味があるんだろうって俳優だと思ったりしてたんだけど。演出側としてはとにかくその台詞を喋ってる姿を見たいって思って。実際見てすごく意味があるんだってびっくりしました。

兵藤 じゃあそれは大体喋る役についてはイメージしてた人を実際に読んでもらった?

山内 いや、まぶした。

全員 あぁー(笑)

 

山内 相当まぶした。(笑)

 

兵藤 この人の可能性はないけど喋ってる姿がみたいなとかあったんですか?

山内 それもあるね。

佐藤 僕、3人(武雄、篠田、英夫)やりましたけど3人やってない人いましたよね。

兵藤 読んだり読まなかったりした人がいたからあれは何だったんだろうって話してたよね、私の最後の授業の時。

 

山内 それは単純にまぶし足らずですね(笑)

 

全員 (笑)

 

青柳 まぶし足らず(笑)

 

兵藤 確かに、あんまりこの人はこれで決まってるのかなってなると面白くないしね。

山内 全然考えてなかった人に読んでもらっても面白かったし。本物の本当に使おうとしてる戯曲を読んでもらうのはこんなに大事なんだって思ったね。びっくりしちゃった。

佐藤 山内さんの授業でやった『東京ノート』のシーンスタディとかって、実はあの辺からキャスティングの実験とかあったんですか?

山内 いや、そのずっと前から考えていましたよ。『革命日記』って考えてる時から。

佐藤 人の組み合わせとかは...

山内 あ、それは『東京ノート』を優先しました。キャスティングっていうよりはこんなにお芝居ができるんだとか、喋るとこんな感じなんだとか、台詞がはいるとこんなに楽になるんだとか、割と俳優の詰まる所と伸びる所がぱっと見えたというか。

佐藤 『革命日記』以外の候補ってあったんですか?

山内 『カガクするココロ』。

全員 あぁー。

山内 ただ『カガクするココロ』はキャストの数が多いからね。

兵藤『革命日記』は15 人?

 

山内 そうだね。それ以上はさすがにね。



柴山 では次にキャストの方々に。キャスト発表されてどう思いましたか。

兵藤 おぉ、それききたいね〜

 

全員 (笑)

 

青柳 夜にメールが来たじゃないですか。

 

奥田 朝からずっとそわそわしてたのに(笑)

 

青柳 そう、朝からずっと待ってて、でも結構ぎりぎりで。(笑)

 

兵藤 1月14日ですね。

 

山内 その日のうちにきたからいいじゃん(笑)

 

青柳 その日10 時からバイトだったんですけど、隠れながらメール確認してました。夜その日が終わるころにメール来てて手が震えました。ぅわあぁあぁぁぁぁあぁぁあって。

 

兵藤 きたー!!って?(笑)

 

青柳そうです!!

 

全員 (笑)

 

柴山 釜口さんは?

釜口 小坂はおいしい色々な顔を魅せれるな役だなって思って...嬉しかったですね。

柴山 たしかに小坂っていいキャラしてますよね。

奥田 わかる。(笑)

柴山 奥ちゃんは?

奥田 私は晴美ってうちのお母さんと同じ名前で。

 

全員 (笑)

 

奥田 メール来た時に「あっ、お母さんと同じ名前の方だ」って。で脚本を読み返して「あぁ、これかぁ。」ってなりました。

兵藤 じゃあ想像と違ったの?この役じゃないかなって...どれだと思ったの?

奥田 えぇぇぇ言えないです。

青柳 聞きたい。(笑)

奥田 やりたいなって思ってたのは立花です。

全員 あぁー。

兵藤 なるほどねー、でもできるよ。

奥田 (笑)後でみんな言ってくださいね。

柴山 いいよ(笑)佐藤さんは?

佐藤 僕読み合わせの時に英夫だなって。


青柳 何で?

佐藤 分かんない、直観?

全員 (笑)

兵藤 たしかに英夫だね。

佐藤 僕は英夫でラッキーだったと思ってます。...あえていうなら篠田かな。作戦の説明するところの...(足で床を蹴る動作をしながら)これやりたかった。

全員 (笑)


柴山 いつも稽古前やってたじゃん。(笑)

青柳 自分の持ちネタだからね。(笑)

 

柴山 良子さんはどうですか?

鈴木 私はそうだなって感じで。

柴山 そうだなって感じ?(笑)

鈴木 脚本読んだ時からそんな予感はしてて。オリザさんのゼミの時も近所の奥さんの役をやっててすごいシンパシーを感じてたから。


全員 へぇー。

鈴木 割とすんなりだった。(笑)

全員 (笑)

青柳 柴ちゃんはどうですか?

柴山 僕は武雄か佐々木のどっちかかなぁって思ってて。ただ読み合わせの時に佐々木は松岡さんだなぁって思った。そしたら「武雄かぁ...台詞多(笑)」って。...だからあんまり納得って言ったらあれですけどそういう感じでした。(笑)

全員 (笑)

鈴木 発表見た時は驚きはなかったの?

柴山 ただ発表見る前はきそうきそう...あぁー武雄きたーあぁあぁぁ!って感じで。

 

全員 (笑)

 

柴山 舞台やったことないし本当どうなるんだろうって...でも楽しそうだなぁっていうのはありました。

全員 へぇー。

 

柴山 では次に「2.稽古中について」にいきます。キャストの方は俳優としてどんな準備をしてきましたか?

鈴木 やっぱり風邪を引かない?

山内 大事!!!

青柳 すごいですよね!!!

柴山 たしかに。稽古中、本番もインフルエンザに誰一人かかってないですもんね。

全員 (拍手)

鈴木 本番入ってからこんなにプレッシャーがかかるものなんだぁって思いましたね。風邪を引かない。ケガをしない。赤信号を渡らない。

全員 (笑)

鈴木 あとは福本はどういう人なんだろうって自分なりに考えながら講義で学んだことを参考にしたり、演技の本を読んだりしてました。ここで夫と出会って、ここで増田さんが越してきてとか考えてました。

柴山 色々やってたんですね。

釜口 僕は柴山さんとか斉藤君とか福吉君とか青柳さんが最初4人でシーンが始まるところを山内さんが演出するのをみていて「こういうことを求められてるのかなぁ。」って例えば働きかけとか。そういうところをはじめ重点的にやりました。あとは台詞をちゃんといれる。

佐藤 一文字一文字。

柴山 昨年が台詞入れが大変だったって言ってましたよね。

釜口 はい。最初はまぁ台詞を入れてきてくださいって感じで一文字一文字きっちりとまでは言われてなかったんですけど。僕たちもあやふやな感じでいれてきてたら後半でもばらつきが出てくる人もいて。

柴山 そうだったんですね。

釜口 そしたら玉田さん(玉田企画)が「平田オリザさんが書いた通りにやってみましょう。」ってなって矯正するのが大変でした。

 

全員 (笑)

釜口 最初から一文字一文字入れておくのが楽だなって。

兵藤 大事だね。

青柳 私は体力をつけようと11月から学校から自宅までランニングしようと思ってたんですけど、あまりの寒さに3回しか出来なくて。

全員 えぇー(笑)

青柳 釜口さんに走ってなかったら注意してくださいって言ってたんですけど、あといがちゃん(五十嵐勇さん)にも。

釜口 そうでしたね。(笑)

青柳 あまりにも走らなすぎて途中から言われなくなっちゃって...ちょっとこの場を借りて謝罪したいなと。すみませんでした。

全員 (笑)

青柳 これからは暖かくなるので再開しようと思います。あとは台本とか読むときに同時に組み立てもしなきゃいけないなって思っていて。今回はシーンごとに何が起きてて自分がどうしたいかとかを言語化しようとしました。ただ柳田のシーンとか英夫のシーンは言語化できない感情とかアクションもあって本番でも迷いながらやってましたね。

兵藤 柳田役って那須ちゃん(那須愛美さん)だっけ?

青柳 そうです。稽古中にうまれてこなかったものが本番中ふときたりしてそれが面白かったですね。柴ちゃんは?

柴山 まずは台詞かな。でももう一回やりたいなって思ってて。

奥田 なんで?

柴山 脚本に「改定前」って書かれてたからてっきり「改定後」が来ると思っててずっと待ってたんですよ。

全員 えぇ(笑)

山内 言ってよー(笑)

柴山 で、稽古始まる4日前にみんなが「台詞覚えてる?」ってざわつきはじめてここで覚えはじめました。

青柳 武雄1番台詞多いのに。

鈴木 出番もね。

兵藤 4日あったんだもんね、大丈夫。(笑)

全員 (笑)

 

柴山 あとはサブテキストが余分なものが多かった気がします。読んでこの人はこういう人だろうとかこのシーンはこういうことだろうって決めつけてて、稽古中にそれが機能してないことがあって、その時にパンクしました「わーどうしたらいいんだぁー!」って。でその度に捨てるってことをしましたね、僕は。

山内 はじめらへん楽しそうじゃなかったもんね。

柴山 そうでしたね。

兵藤 私さ最後の授業の時柴ちゃんと2人で話した時「この役はこうだ。」「このシーンはこうだ。」決めつけちゃうからってそのまんま言ったんだけど...忘れてた?(笑)

柴山 いや、覚えてました。

兵藤 革命では気をつけろって言ってたんだけど。

柴山 同じことやっちゃいました(笑)

全員 (笑)

兵藤 やっぱりそうだったかぁー。

柴山 でも2回やって気づきました。

青柳 すごい。

兵藤 そうなんだよねー。柴ちゃんの特徴は思い込むんだけど外せるんだよね。「あ、そっか。」って切り替えが出来るから楽しめそうだなって。

柴山 あぁ、そうですね。...『革命日記』では上手くいったかはわからないですけど。(笑)

山内 それはね3周目からどんどん変わっていったよね。ただ本番まで楽しくないっていってたけど(笑)

青柳 ずっと??

柴山 うん。

兵藤 え、何で?

柴山 自分が想像してたものと違って思うようにいかなかったからですかね。「2度とやらねー!」って。

青柳 そこまでぐれてたんだ。(笑)

柴山 ただ本番初日に楽しいってなりました。

兵藤 稽古と本番何が違かったの?

柴山 ...ライブ感?何が起きても成立させなきゃいけないっていう感じの。バンドやってたんですけどそれと似てましたね。

釜口 本番終わった後に「ロックですね~。」って言ってましたよね。

全員 (笑)

兵藤 何それ、めっちゃ楽しいじゃん(笑)

釜口 「小学生以来の緊張だよ〜」って。

 

柴山 ど緊張。(笑)

山内 だって初舞台だよ!?あり得ないよ。(笑)

兵藤 本当すごいよね。

柴山 稽古中はこれっきりて考えていたんですけど、今は演劇も映像もやりたいなって思います。

兵藤 よかった。


=============================

こんな感じで、楽しく話すこと、2グループ合計4時間半!
座談会、まだまだ続きます!
次回は3月29日18時投稿予定です。

(構成・奥田智美)