映画美学校アクターズ・コース ブログ

映画美学校アクターズ・コースの公式ブログです。映画・演劇を横断し活躍する「俳優養成講座 」 2017年9月開講決定!

アクターズ・コースへのメッセージ2014

◉兵藤公美(アクターズ・コース講師/俳優/劇団青年団

演技の技術というものは、とてもあやふやなもののように感じている人の方が多いのではないでしょうか。歌やダンスならわかりやすく、この音域が出せるようなったとか、ピルエットが2回転できるようになったとか、技術の向上が目に見え、認識しやすいように思います。演技の技術では、何が、「できている」と呼ぶものなのか曖昧な印象があると思います。

一つには、「心を操る作業」であると言えると思います。この、「心」という実際人間の身体には存在しない部位を、さもあるかのように語ることで、演技術が曖昧なイメージになり、「気持ちを込めることをがんばる」「取り憑かれたかのように役になりきる」という難しいことになるのですが、実は明確に技術として語り、認識できることは、演技にもあります。映画美学校アクターズコースでは、演技の仕組みを理解して、技術を獲得し、自分の演技のやり方をみつけて、幅広い活動に繋げていくことを目指しています。

山内健司(アクターズ・コース講師/俳優/劇団青年団

欲のある人に来て欲しい。ぜひ来て欲しい。俳優としてどこか遠くに行きたい人。どこに行きたいのか、それを見定めたい人。技術はきっとあなたの行動範囲を拡げてくれる。その拡がった旅がさらなる展望を生む。技術とはつまるところ、生還することなんじゃないかな。監督や演出家の無限の欲望のまっただ中に、思いっきり飛び込んで、さまざまなリスクをとりながら、作品をつくる。そしてそこから無事還ってくる。そのやり方。どこに行きたいかを思い描くことと、技術は、きっと両輪なんだよ。俳優の旅は人それぞれ。なんだか、うずうずしている人に、ぜひ来て欲しいのです。

◉松井周(アクターズ・コース講師/劇作家・演出家/劇団サンプル主宰・劇団青年団

アクターズ・コースは俳優という仕事について考える場所だと思っています。俳優の能力とは?技術とは?を実践しながら考えるトレーニング・ジムのような場所。「演技」についてはこれまで様々なことが言われてきました。それらについて議論するのも面白いと思います。けれど、まずは先入観抜きで、歩いたり、挨拶を交わすところから始めたいです。「人間」ってこんな動物なんだなあという実感と認識から始めることが「演技」について大きな収穫をもたらすと信じているからです。実験のような、遊びのような、真剣勝負のような、楽しい時間を過ごしましょう。

古舘寛治(アクターズ・コース講師/俳優/劇団サンプル・劇団青年団

俳優は他の芸術芸能、音楽家や画家、ダンサーなどと同じように才能だけでなく技術が必要だというのが世界での考え方です。その技術を磨く場が不足しているこの日本で、立ち上げ4年目をむかえる映画美学校アクターズコースがその場を担っていってほしい。そう強く願います。

◉深田晃司(アクターズ・コース講師/映画監督『ほとりの朔子』)

こんにちは。深田と申します。現在2014.3.28)アクターズ・コース2期高等科では、映画撮影の準備が進んでいます古澤健さんが総合プロデューサーのような立ち位置で受講生と一緒に脚本を練り、それを鈴木卓爾さんと私で共同監督します。

映画美学校アクターズ・コースの一番の特色と先見性は、ここが監督や演出家ではなく、ベテラン俳優陣が中心となって後進の指導にあたる点にあると思います。なぜなら、監督は100人いればそれぞれ提示するゴール、世界観は異なります。しかし、俳優はそんな有象無象の監督、演出家に付き合っていかなくてはならないからです。そのベースの技術、身体、精神を伝えられるのは、俳優しかいないと思っています。しかし、時には独善的な監督のワガママに振り回されてみる実践経験も必要です。このプログラムが、若い俳優たちにとって、カントクという厄介な生き物を知るいい機会になればと願いつつ、雨に濡れる渋谷を眺めています。

◉野村政之(劇団青年団制作部/劇団サンプル ドラマトゥルク)

私は講師ではありませんが、アクターズ・コースの受講生募集の広報をお手伝いさせていただいているので、結果的に、アクターズ・コースがどんな蓄積をしてきて何をアピールできるのかを、1年置きにヒアリングすることとなっています。

開講して3年が経ち、いよいよ映画美学校ならではの魅力が見えてきました。実際に現場に立つ講師陣とともに俳優の技術を習得できること、自然発生的な有志企画や映画美学校他コースとの協働、ジャンル合わせではなく 俳優 という存在の主体性を意識できること、などがまず言えますが、加えて重要なのが、映画美学校という場を通じ、映画と演劇、講師と受講生の垣根を越えて新たな現場が生まれていること。アクターズ・コース自体の変化と展開が現れてきました。

多分、映画美学校アクターズ・コースは単に養成コースではなく「創造現場への入口」なんだと思います。この先どんな風に発展していくのか、とても楽しみです。

広告を非表示にする