読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画美学校アクターズ・コース ブログ

映画美学校アクターズ・コースの公式ブログです。映画・演劇を横断し活躍する「俳優養成講座 」 2016年9月2日(金)開講決定!

7/9俳優養成講座募集ガイダンスレポート

#レポート 井川耕一郎 しらみず圭 川島彩香

 7月9日、俳優養成講座第2回目の募集ガイダンスが行われました!

この日の担当講師は、脚本家・映画監督であり、アクターズ・コース主任講師の井川耕一郎さん。また、修了生として4期修了生のしらみず圭さん、俳優育成ワークショップ修了生の私・川島が登壇いたしました。

f:id:eigabigakkou:20160709151851j:plain

登壇された講師は井川さんお一人だったのですが、現在、青年団第75回公演『ニッポン・サポート・センター』本番中である俳優講師の山内健司さんと兵藤公美さんからもメッセージビデオをいただき、上映いたしました。直接お話していただくことはできませんでしたが、熱い思いを感じていただけたのではないでしょうか。

 

その後、講義風景の映像をご覧いただいた後、私たち修了生から詳しい講義内容についてや実感をお話させていただきました。もともと映画監督志望のしらみずさん。俳優と言葉を交わせる演出家になりたいと思い、アクターズ・コースに入ったそうです。実際に講義を受けてみての実感としては「演技ってすごい面白いものだなと思った。答えはわからないけれど、それについてずっと考えていけるし、一緒に考えられる人たちもいる」とお話していました。

f:id:eigabigakkou:20160709151701j:plain
講義風景の映像はホームページにも掲載しておりますので、当日お越しになれなかった方はぜひご覧下さい!
http://www.eigabigakkou.com/course/actors/outline/

また、井川さんは昨年のフィクション・コースとのコラボレーション講義「映画演技実習」、通称ミニコラボ実習の担当講師でもあります。プロの監督である講師が監督となり、フィクション生がスタッフを務め、アクターズ生が出演して、短編映画を作るこの講義。昨年は4本の作品が生まれました。ガイダンスでは、井川さんの監督作『烏』の冒頭を少しだけ観ていただきました。

f:id:eigabigakkou:20160711211454j:plain

井川さんの演出は、まず俳優に好きな風に演じてもらい、「もう1回」「もう1回」と1シーンに2時間くらいかけてリハーサルをやっていく中で、見えて来たものを形にすると言います。演出家の頭にある正解を再現するのではなくて、演出家と役者とで共同で芝居を作っていくようなところがあると話していました。 昨年のミニコラボ実習でも、そうやって何回も繰り返しリハーサルを行ううちに、俳優育成ワークショップ生が想像を超えた芝居を返して来る瞬間があったそうです。その経験から、アクターズ・コースに可能性を感じたことが、今年主任講師を引き受けた理由の1つであると言います。

また、ミニコラボ実習は、プロの監督の演出に接することができるのはもちろん、フィクション生と映画を作っていくきっかけ作りの場でもあります。フィクション・コース初等科生は、修了制作を1人1本ずつ制作することができるため、出演をオファーされる機会が多くあります。実際に私を含め、俳優育成ワークショップ生のほとんどがフィクション生の作品に出演しています。

f:id:eigabigakkou:20160709151828j:plain

レポートを読んで、行けば良かったかな‥と思って下さった方、まだ間に合います! 7/24(日)14:00 ~追加ガイダンスが決定いたしました!
もっと知りたいこと、不安に思っていること、教えて下さい。担当講師が直接、丁寧にお話いたします。
みなさんとお会いできるのを楽しみにしています! -

-------------------------------------------------

映画・演劇を横断し活躍する俳優養成講座
〜演技を通じた新しいクリエーター創出を目的とする〜
【追加決定!】募集ガイダンス7/24(日)14:00〜
担当講師から直接ご説明いたします!
映画演出ワークショップ7/17(日)13:00〜 開催決定!
http://www.eigabigakkou.com/course/actors/outline/

広告を非表示にする