映画美学校アクターズ・コース ブログ

映画美学校アクターズ・コース ブログ

映画美学校アクターズ・コースの公式ブログです。アクターズ・コース俳優養成講座2021、9/1(水)開講決定!

劇生インタビュー⑪/百瀬葉

インタビューされる人:百瀬葉
インタビュアー:中島晃紀
構成:浅田麻衣

場所:代々木公園

 

中島 映画美学校アクターズ9期の印象を教えてください

f:id:eigabigakkou:20200215163006p:plain

──9期は、・・・って他の期はわからないけど。

なんか、小学校2年生を自覚的にやってるみたいな集まりだなと思って。私自身がそう言われるからだと思うんですけど。

変な小3から芽生える自意識とかそういうのをすごいまっさらにして、ゼロの状態にして、集まりの中で「自分がこう思った」とか、「イエス」とか「ノー」をすごいはっきり、素直に言えるなって思って。

はっきり言うことが他人に圧になるとかって今まで思ってたんですけど。すごい信頼関係がもうそのとき(言うとき)築かれてると思ってて。

すごいフラットにそこの場にいられるなって思います。変に内々にもならずに、変に干渉しないとかもなく。まとまりもありゆるやかな・・いい集まり方を・・ジャズのセッションみたいな感じ。

中島 おお!いい表現!

──(そんなふうに)自分もあれたらいいなと思います。

 

 

中島 今年の3月。修了公演がございますが、その期待っていうのはどんな感じですか?

──めっちゃあって。(横を向き)おっ。トゥットルットッ・・・

中島 エド・シーラン?

──エド・シーランの中で、青いわたし。

f:id:eigabigakkou:20200215162908p:plain

中島 あっはっは(笑)

──そういう中でいれたら、たとえば、ジャズのセッションを1人でやってるんじゃなくて、みんなでやってるからすごいところにいけるみたいな。

私ジャズのこと全然よく知らないけど、そういうイメージがあって。重なり合うから。掛ける(×)、になるから。どんどん掛けて掛けて掛けて、2乗、3乗、4乗?で、世界が広がるみたいな(手をパンとやる)なんか、今、すしざんまいみたいだった。

中島 (笑)

──そんなふうに。私たち全然違うバックボーン持ってるけど、それでも素直に掛けていけたら、「掛ける」をやっていけたら、すごくいい公演になるの、では。

 

 

中島 どんな人にみてもらいたいですか?

──エド・シーラン?

中島 あっはっは!言うと思った!言うと思った!

f:id:eigabigakkou:20200215163059p:plain

──いや本当に、そこらへんの人に見てほしくて。さっき撮ってる時に、中国拳法?をやってる外国人女性がいて。欧米の方かな。その人と目が合って。その瞬間に、今、私、世界広がってるなって思って。

あの人に見てほしいですし。私とは全然違う環境で生まれた・・それはみんなそうなんですけど。そういう人と出会うことで、この瞬間に彼女たちが繋じあったなっていう感じがして。そういう知らない人に見に来て欲しい。

演劇とか知らない人とか、是非見に来て欲しいし。そういう人も全然(見にきて欲しい)。

知らない人同士で「掛ける」にして、劇場の「均質空間」みたいな。近代が作りあげた、角のある、線のある均質空間をぶっ壊すみたいな感じで、宇宙にバンって、こう、その瞬間を私たちが拡がれたらいいなと思います。

 

 

中島 めっちゃ素敵やん。最後に一言おねがいします

f:id:eigabigakkou:20200215163121p:plain

──私は、今までも演劇も大学でやってきたし、舞台を踏んできたんですけど。それでも、今回の公演はすごいスタートだなっていう感じがして。

それは、渋谷の地下のあそこの場所で、蓄積してきた私たちの言葉とか、身体とか、そういうものが初めて公演っていう形でパンって弾けるっていうか。

それと同時に自分も、渋谷でみつけてきた自分なりの信念みたいなものを初めてちゃんと自覚して。今までも自覚してなかったわけじゃないけど、ちゃんと自覚して、やれたらいいなと思うので。

スタート、です。

中島 はい、ありがとうございます!全然一言ではなかったですが!

──そうですね!

中島 修了公演、楽しみにしてください!百瀬葉さんでした!

 

==========================
百瀬葉(Momose You)

1996年生まれ。北海道旭川市出身。1998年クラシックバレエをはじめる。
2016年大学の演劇サークルにて演劇をはじめる。

==========================

全ステージ、ご予約完売いたしました。
たくさんのご予約、誠にありがとうございました!
当日券は毎ステージ発行いたします。最新情報はアクターズtwitter(@eibi_actors)をご覧ください。
=========================

映画美学校アクターズ・コース2019年度公演
「シティキラー」
作・演出 本橋龍(ウンゲツィーファ)

 

東京を壊す大きさの隕石とニアミスした。
僕らは誰も知らなかった。

とあるゲストハウスの共用スペースに旅人たちは募った。夜の宴のさなか、1人が「今、生まれてきて良かったと思ってる」とボヤいた。月すら見えない満天の曇り空だった。雲の向こうでそれは光った。

シティキラー。都市を滅ぼすほどの大きさの隕石はその巨大過ぎないサイズ故に発見が難しく、8割以上が未発見のまま地球を過ぎ去る。

予告もなく、終わりはくる。変わる。始まる。

 

◯日程
3月5日(木)19:00
3月6日(金)14:00/19:00
3月7日(土)14:00/19:00
3月8日(日)14:00
3月9日(月)14:00/19:00
3月10日(火)14:00

※全席売り止めとなりました。ご予約誠にありがとうございました※

※受付開始は開演の30分前、開場は開演の20分前です。
※記録撮影用カメラが入る回がございます。あらかじめご了承ください。

 

◯チケット(日時指定・全席自由・整理番号付)
予約・当日共
一般:2,500円
U-26(26歳以下):1,500円
資料請求割引:上記金額より500円引き(詳しくは映画美学校HPをご確認ください)

※26歳以下の方は、当日受付にて年齢が証明できる証明書をご提示ください。
※未就学児はご入場いただけません。

 

◯チケット窓口
https://stage.corich.jp/stage/104667

 

◯会場
アトリエ春風舎
東京都板橋区向原2-22-17 すぺいすしょう向原B1 
http://www.komaba-agora.com/access


東京メトロ有楽町線副都心線西武有楽町線小竹向原」駅 4番出口より徒歩4分
※会場には駐車場・駐輪場がございませんので、お越しの際には公共交通機関をご利用ください。

◯出演

秋村和希、淺村カミーラ、綾音、井上みなみ、宇都有里紗、関口果耶、中島晃紀、原涼音、廣田彩、星美里、百瀬葉、森皓平、山田薫(アクターズ・コース 映画・演劇を横断し活躍する俳優養成講座2019)、近藤強

 

映画美学校HP
http://eigabigakkou.com/news/info/11706/

 

◯最新情報はこちらから!随時更新中!
映画美学校アクターズ・コースTwitter @eibi_actors
公式インスタグラム @eibiactor9_citykiller